本文へスキップ

奥入瀬のミネラルたっぷりの清水でつくった けんちゃん家のお米

奥入瀬渓流のミネラルたっぷりの水でつくったけんちゃん家のお米

ようこそ、けんちゃん家のお米のホームページへ。
28年度産の新米販売を開始しました。
エコファーマーの農家がつくったお米を味わってみませんか?
籾の状態で貯蔵している新鮮なお米を、今摺りで皆様のお宅へ発送します!。

何が流通米と違うのか?お知らせ

単一農家のお米のお米なので安心
実際市場に流通されているお米は、同じ銘柄といえども各農家で作られた品質は一定ではありません。農家直送は、単一農家で作られたお米だけが入っているので安心です。

籾(種)のまま貯蔵だから新鮮
収穫したお米は、玄米にはせず籾殻の状態でコンクリート造倉庫で低温貯蔵して酸化を防ぎ、水分を新米状態に保っています。いわゆる生きたまま貯蔵しているのです。

常に新米の状態で食べられます
発送直前でプロの精米所が低温精米するため1年中新米状態で食べることができます。 通常流通されているお米は、新米とはいえ玄米化された状態から精米されますので酸化が進んでいます。
エコファーマー認定農家の作るお米だから安心
お米によい土づくりや、減農薬栽培などに努め、青森県が認定する環境保全型農業を実践する農業者(エコファーマー)が栽培しているので安心して食べることができます。 



籾がついているとどうして新鮮なのか?

籾殻が付いているので一粒一粒が固い殻で保護コーティングされている同じ状況であり、防酸化、防カビ、防虫などの効果をもたらし、低温貯蔵なら水分を保ったまま2〜3年は新米の状態で保管できるとも言われています。
籾殻の状態とは、種の状態と同じなので、常に呼吸して生きているのです。




  
インデックス写真

information店舗情報

けんちゃん家のお米

〒034-0071
青森県十和田市赤沼和田表42−1


上北−1815号
十和田市 沼岡賢悦

エコファーマーとは
土づくり技術」、「化学肥料低減技術」、「化学農薬低減技術」の3つを一体的に取り組む計画が、県の「持続性の高い農業生産方式の導入に関する指針」に適合する場合、知事がその農業者を、環境保全型農業を実践する農業者「エコファーマー」と呼びます 。
inserted by FC2 system